令和2年の年末調整について…

今おそらく日本中の税理士が戦々恐々としていると思います。

令和2年度の年末調整です。昨年大きな改正があり、今年もさらに改正されました。それによって従業員の皆様に書いていただく用紙の難易度が大幅に上がりました。

私たち会計事務所のスタッフでも苦戦するレベルで、税の知識のない方には到底理解できる内容ではなくなっています。国はその辺りまで理解したうえでこの書類を作ったのかが甚だ疑問です。

ただ、それも踏まえてか、今年から年末調整の電子化が導入されます。今年10月に導入されるので今年度は実用化は難しいと思いますが、実用化されれば、皆さんはネット上でソフトの指示に従って項目を入力していくだけになるので、税の知識がなくとも年末調整が完了します。

 少しでも早く実用化を祈るばかりですが、今年はほとんどの企業が紙面の年末調整がほとんどです。少しでも分かりやすく解説するために現在奮闘しておりますが、果たして今年はうまくいくでしょうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です