☆スタッフHブログ☆ 年末調整の季節がやってきました

年々難しくなっていく書類に少々?かなり?うんざりです。

給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書  ながいわ~(´;ω;`)ウッ…

給与所得以外の収入がある人は大変!って

そもそも給与所得以外ってな~に?ってなりますよね。

給与所得以外の所得でまず頭にうかんでくるのは年金です。

年金の内、公的年金の場合は源泉徴収票に書かれている支払金額が収入金額です。

残念ながら控除額・所得金額は書かれていません。

公的年金(国民年金・厚生年金)は控除額が決まっているので国税庁のHPに載っている速算表で確認することができます。

(会社に送られてくる【年末調整のしかた】94ページ目にも控除額が載っていますよ!)

また、個人年金は年金受取金額から必要経費を差し引いた金額が所得となります。

生命保険会社からのお知らせがくるので、年金年額(受取額)・必要経費の金額を確認してみてください。

保険会社によって記載の仕方が違うので、見にくい通知書もありますが、、、

給与所得以外の所得

生命保険の満期返戻金・一時金、不動産、事業、土地建物の売却、仮想通貨etc

↑まだありますけどね(-_-;)

会社に知られたくないな~と思いますが、給与所得以外もあれば書きましょう!

これ以上年末調整の書類がややこしくならないことを祈ります。

なんなら簡素化していただきたい!!

スタッフHより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です